指の負傷は小さい傷でも

指の負傷は小さい傷でもとにかく痛い。
利き腕である右手の小指、第二関節のところから血がにじんでいました。
切り傷というよりは擦って皮がむけたという傷です。
バンソウコウを貼って仕事に行ったら行ったで、右手で文章を書くときにテーブルと擦れていたい。
指も痛いけど聞き手が負傷していると、なにをするにも神経を使います。
モノをとるのも聞き手じゃないですか。
そのモノを掴むときはもちろん、他のモノにあたらないようにそっとしないといけない。
普段ががさつなのかもしれませんけど、手があたる距離とか力加減とかいろいろ気を付けないと痛い目にあうのは自分自身です。
当たると痛い小指が自然にたっていたりして、動きもゆっくりだし自分が気持ちが悪いです。

コメントは受け付けていません。