高齢者の交通事故

先輩薬剤師のYさんのお母さまが交通事故に遭われてしまいました。
しかし、事故に遭われたというか、事故を起こした側というか・・・。
お母さまは自転車で車と接触したわけですが、赤信号を渡ってしまったようです。
交通事故の半分はお年寄りだと、先日免許の更新のときの講習で教わったばかりです。
接触した運転手さんは自分の車がよけると後ろの車がひくことになると思ってよけなかったそうです。
そして救護した人が何人かいて、みんなが「自転車(お母さま)が赤信号で渡った」と言ったんだとか。
足のヒザを骨折してしまい手術になりましたが無事に終わることが出来ました。
飛び出した側が悪くても自動車の責任になるのが困りますね。
運転手が気を付けていても避けようのない事故というのはあるものですから。