プロとしての態度

日本が世界に誇るテニスプレーヤーの錦織選手。
母国の選手が上位にいて常に楽しみな試合をしてくれるのはとても素晴らしいことです。
しかし先日、決勝戦で6連敗となりました。
優勝から縁遠くなっている状態ですが本人は心配していないとインタビューで答えていましたね。
でもそのあとの試合でかなり格下の相手に初戦敗退してしまいラケットを破壊したというニュースに胸が痛いです。
彼ほどのトッププレイヤーにはもちろん専属の人達がいます。
ラケットだって彼の力を最大限に引き出す努力をしている人達がいるわけです。
その人達を思えば破壊するなんて信じられませんよ。
プロである以上、常識的で紳士的な振る舞いをして欲しいけれど、プロだからこその熱意もあるのでしょうね。
そうであったとしてもやって欲しくない行いです。