鬱病と職業

人類は平等という仕組みで発症を防いできたのに、分明社会のおかげでうつ病への道をあゆみはじめてしまいました。
現代では職業の違いがうつ病の発症に影響することがわかってきました。
1400人を調査した結果です。
医師や弁護士など自らの判断で仕事をする職業はうつ病が少ない
営業や日技能職はうつ病が二倍以上も増えている
社会的な立場によって
立場の弱い人は立場の強い人によって常に強いストレスを感じさせられている。
残業をしないと仕事が終わらない。
座っているだけでつらいのはきついですね。
分け隔てない暮らしをしている人達を見習う取り組み。
社会的な結びつきなどの生活の改善です。
さらに定期的な運動なども加えます。
運動は委縮した脳の神経細胞を再生させることがわかっています。
昼間は太陽の光を浴びて夜はしっかり眠るという生活をするとストレスホルモンを正常に戻す効果がある。