ガンの発症率

夜間に働いている人にはガンの発症率が高くなっています。
メラトニンはがんの増殖を抑制していることがわかっています。
夜寝ている人の血液にはたくさんのメラトニンが含まれてるとのこと。
夜活動するとメラトニンが少なくなる。
暗くなっても電気がついていることが多い現代で働いている人も多い。
アフリカで人類は誕生したと言われています。
日中はは太陽のもととで暮らして、夜は真っ暗な状態で寝る。
現在は人類の進化によってそれが壊れてしまっています。
体にもともと備わっていた、がんを抑える機能がなくなってしまったんですね。
夜間勤務は男性の前立腺がんのリスクを3倍にします。
日本では働いている人の5人に1人が夜間勤務だそうです。
病院、警察、工場、24時間営業の人が多いですね。