原作と映像化

原作があるものを映像化すると大抵は批判されますよね。
アニメになると声優さんの声が合っていないと言われ、実写化となると俳優さんが合っていない。
読者それぞれにイメージがありますから仕方がないですね。
原作が好きだった人は原作の良さを奪われたらいやだという気持ちは分かります。
むしろ原作を知らない人の方が余計な情報もなくて楽しめるものだなって印象です。
とある原作がドラマ化され映画化されましたが、私は原作とは違った魅力を出しているなって思いました。
原作では協調されていない恋愛関係がクローズアップされているのは苦笑ものですけどね。
映画の方をなんとなく読んでいてシリーズは読んでいたけど、映画になった本をこないだ読んだんです。
エンターテーイメントという改編は、ときにはありだなと個人的には思いますよ。