人それぞれの考えだから

兄嫁さんと私の妹は同い年です。
そして同じ年に兄嫁さんは長男を、妹は二女を生んでいます
それからいろいろあって8年目に待望の長女が生まれたのが今年の春です。
その間に妹の同級生が子供を生んだけれど使っていない靴下があり、めぐりめぐってうちにきました。
私の母が兄嫁さんにその靴下はどうかと持っていったそうです。
そしたら、「まだ早くないですか?」って言われたとご立腹。
確かに大きいサイズだけどしまっておけばいつかは履けるでしょう。
単純に、いらなかったんでしょうね。
母はその言い方が気に入らなかったようです。
まあ、袋に入っているわけでもないし値札がついているわけでもない。
新品と言われても靴下だし嫌だったのかもしれませんね。

疑似体験が最近はやっている

疑似体験が最近はやっていると、先輩薬剤師Lさんに聞きました。
そして一緒に動画を見てあれやこれやと話し面白かったです。
家族団で団らんは応募枠の10倍もの応募があったそうです。
奥さんと小学生の女の子の子供がいるモデルハウス。
いやいやいや。
こんな疑似体験して何が楽しいのかな?
私だったら現実にはない人間なんぞとふれあっちゃったりして、満足したら現実が虚しすぎて死にたくなるよ。
世の中には信じられないのもあって、ブラック企業に入社するという疑似体験、海外では出産の疑似体験。
出産する妻の気持ちを男性にわからせようと体に電流を流す!
子猫ショートステイは1泊2日で1万2000円
気に入ったら実際に飼うことが出来るし、先住猫との相性をみられる利点あり。

「誰も死なないミステリーを君に」

図書館で借りた本のタイトルは「誰も死なないミステリーを君に」
なにやらラノベ臭がただよっています・・・
死を予見できるけれど、それは絶対ではなく防ぐことが出来る。
死線が見える志緒と男子大学生の佐藤が、死なせないために動くというストーリーです。
ただあらすじを読んで借りたけどちょっと内容が意外でした。
いろんな人を助けるのかと思ったら、最初に助けた人は序曲だったというところとか。
キラキラネームとまではいかないけど、今風の名前にうもれて自分が気が付けなかったところとかちょっと悔しいかな。
予想していた一部は早い段階からいろいろ当たっていたので余計に。
あとは人物像が薄いというか映像が見えないというか、まあまあ面白かったです。

中年と呼ばれるの年齢

中年と呼ばれるの年齢になっても働かず実家に引き籠る人が多い日本。
ドイツは18歳以上になったら自立するのが当たり前であり、子供も親もその日を待ちわびているそうです。
実家にいる方が恥ずかしいという国なわけです。
働いていれば実家にいても良いと思うのですが、ひっくるめて自立するのがドイツなんですね。
実家から出ているのに働かないわけにはいかないので、無職でいられるわけがない。
親の年金で暮らし、親が亡くなったらどうするのか?
そういう人がものすごくたくさんいるらしい日本について、どうすればいいんですかね。
なんとかしなければならない問題は山積みで、家庭だけではどしようもないのでしょう。
引き籠りの子供を殺す親までいるくらいなので急務でしょう。

一人に背負わせすぎ

高校野球には全く興味がありませんけど、テレビをつけていて話題になっていればなんとなく見ます。
エースを登板させずに敗退した高校の話しは、まあ、いろいろな意見があるでしょうね。
そもそも海外では日本の球児が投げすぎなのを問題視していますよね。
だからメジャーにいってもすぐに肩を壊して手術になってしまう。
高校生のときに酷使し過ぎたツケがあとからやってくるのはわかりきっていることです。
甲子園が全てではない。そうでしょうね。
でも甲子園に行き試合をするのが目標の子もいる。
団体競技だから、投手の未来を大切にする選択はおかしいという人もいる。
だいたい全部、一理あるかもしれない。
私が思うのはエースが一人なのがおかしいんじゃないですかね。
一人に背負わせすぎなければいいのに。

マナーのつもりが・・・

旅先で旅館に泊まったら、お布団はたたんで隅に寄せたりしますよね。
ただ、従業員にとっては一度は広げて忘れ物確認などをしないといけないのでたたんであると二度手間!という話題がありました。
そう考えてみると、確かにそうかもしれません。
でも自分が寝たあとのお布団をそのままにするのは、しつけがなっていないというか品がないというか、とにかく不作法だと思いました。
自分も含めてマナーのつもりでしていたことが、その始末をする人の迷惑になっていることってけっこうあるみたいですね。
しかしそれなら注意書きとかで知られてくれればいいと思いません?
その注意書きに気が付かない人もいるでしょうけれど、知ることが出来たら協力できます。

アウトドアが大嫌い

私はアウトドアが大嫌いです。
そりゃあ、体を動かして自然にまみれている方が健康的ですよ。
でも暑いのも嫌だし、見たくない生き物と遭遇はしたくないし、なによりも汗をかくとアトピー性皮膚炎が悪化します。
普通に生きている人はいいですよ。
でも私には持病ともいえるその症状がある。
夏だって半袖は着ることが出来ない苦しみは同じような経験者じゃないとわかりません。
それなのに一般人は何かと言うとアウトドアとかマラソンとか「健康的な自分」のアピールをしてくる。
私だってうらやましいと思っていますよ。
でもダメなものはダメなんだからあきらめるしかない。
同じような経験者や気持ちがわかる人と出会いたいけどそれはそれで難しいんですよね。

職場の人間関係

先日、私の職場と他の職場のダブルワークをしている先輩薬剤師のLさんに、「みんなにあのことを言わないの?」と話しをしているのを聞いたんです。
聞いた瞬間にドキッとしました。
まさか、Lさん、もしかしてここを辞めるのでは?と思って。
Lさんに辞められちゃうとどう考えても私の仕事内容もかわることは避けられません。
嫌な予感しかしません。
結局は、辞める話しではありませんでした。
もう片方の職場をすでに退職したという話しだったんです。
それならこちらに完全復帰するのかと思ったら、失業手当が出るからこちらの仕事を増やすわけにはいかないんだとか。
そもそも増やすと自分が損をするとか。
辞める話しじゃなくて良かったけど遅かれ早かれ辞めそうな雰囲気です。

真面目にコツコツと

真面目にコツコツと人様のことを考えて自分を律して正義感を持って生きていく人が幸せになるとは限らないと思います。
自分勝手でずるいことをするとそれはいつか自分にかえってきてしまうというのはあるので、なるべく後ろ指をさされないような人間でいたいとは思う。
ただし、そうやって生きてきたからって人よりも多くの幸せがくるという保証はありません。
ずるがしこいのではなく先を見据えた行動ともいえる。
でも、誠実ではないと思うことはしたくない。
こういう性格があとあと馬鹿をみるような気がしなくもない。
「無駄なことはなにひとつない」と言われて、そうだよね、一日だって無駄じゃなかったとは思ったけれどいろいろ疲れている中では溜息しかでません。

ネットがない生活なんて考えられません

今日中に見なければ!という海外ドラマがあったので朝から見ようと思っていたんです。
1本見て、さあぁ、次!!!と思ったののに、何故かそのサイトだけネットに繋がらなくなりました。
一週間で消えてしまう無料配信のドラマなので焦りました。
他のサイトはつながるから、私のパソコンやネット環境が悪いわけではなさそうです。
動画を見るようにしているパソコンは古いものです。
だからメインで使っている方で開けば、同機しているので見られるようになるかも?とあの手この手で試してみましたがだめでした。
軽くあきらめて他のことをしていたんですけど、何気なくアクセスしてみたら出来ました。
もう、焦らせないで欲しいです。
もうネットがない生活なんて考えられません。