DIYが趣味の人!

DIYが趣味とかいう人は尊敬しますよ。
あ。でもあまり過剰で、作っても貰い手がないからとか言ってなんでも人にあげちゃうとか迷惑な場合もありますけどね。(笑)
90%終了した家を売っていて、壁、天井、床が仕上がっていないのを自分で仕上げるそうです。
100%終了している家よりも、自分で仕上げた方が100万円から200万円くらい安い。
しかも売りっぱなしではなく、ペンキの混ぜ方や塗り方などを教えてくれるそうですよ。
普通の床の下地だと難しいので、初心者でもやりやすいように合板が貼ってあるので両面テープとボンドだけではれる。
ちょっとおもちゃみたいですね。(笑)
新築時に床に傷があると全てやり直しとかになるが、DIYで仕上げるのでクレームにならない。

眼鏡のスペアの大切さ

震災があって避難しなければならないときに、目が悪い人は視力を矯正するものをちゃんと確保できるかが大きな問題になりますよね。
私も目が悪いのでそれは気になることではあります。
今はベッドに必ず眼鏡ケースを置いておきます。
前は机に眼鏡を置いてベッドに入ったり、ベッドの横にそのまま眼鏡を置いていました。
眼鏡のスペアも大切ですよね。
買おう買おうと思っていながら、安いものではないので後まわしになっていました。
そうしたらいつも使っている眼鏡のネジ部分から折れてしまいました。
片方だけでもかけることはできますが、下を向いたときに落ちてくるしずれることも多いのでとてもイライラします。
眼鏡のスペアの大切さをひしひしと感じています!!

図書館の再開を願う

子供の頃から趣味は読書で、学校の図書室はもちろん地元の図書館でも本を借りてきました。
小学校、中学校、高校の図書室は忘れられません。
今まで地元の図書館しか使ったことはなかったのですが、とあるきっかけで隣の市の図書館を利用するようになりました。
図書館によって全然違うことってあるんですね。
例えば、何冊か借りたままの状態で新たに本を借りたんです。
そしたら借りたときにでるレシート?みたいな一覧には、前に借りた本の返却期間まで出ていたんですよ。
今まで使っていた図書館は、借りたときには出るけど、次に借りたときはその時に借りたものしか出ないようになっていました。
現在は図書館が通常営業していないのでとても困ります。

焦ったら忘れた

13時あがりのときは、お昼に食べるものを購入して帰宅します。
たまにしかないあがり方ですけど、12時ですでに空腹マックスなので、さっさと食べたいから買っちゃいますよ。
一番気に入っているのはフードコート内にあるケンタッキーでてりやきツイスターをひとつ買って、お隣にあるスーパーでおこわをひとつ買うことです。
先日、同僚薬剤師Lさんが同じお店にいることに気がついてそそくさとお店を出たら、おこわを買うのを忘れていました。
今から入るのも嫌なので帰宅コースより外れて遠くなるけどコンビニに行くことにしました。
おこわじゃなくてご飯のおにぎりがあればと思ったら、味付きとたらこ入りのみでした。
もう14時だったから仕方がないのでたらこ入りにしました。

指の負傷は小さい傷でも

指の負傷は小さい傷でもとにかく痛い。
利き腕である右手の小指、第二関節のところから血がにじんでいました。
切り傷というよりは擦って皮がむけたという傷です。
バンソウコウを貼って仕事に行ったら行ったで、右手で文章を書くときにテーブルと擦れていたい。
指も痛いけど聞き手が負傷していると、なにをするにも神経を使います。
モノをとるのも聞き手じゃないですか。
そのモノを掴むときはもちろん、他のモノにあたらないようにそっとしないといけない。
普段ががさつなのかもしれませんけど、手があたる距離とか力加減とかいろいろ気を付けないと痛い目にあうのは自分自身です。
当たると痛い小指が自然にたっていたりして、動きもゆっくりだし自分が気持ちが悪いです。

見たことがある俳優さん

海外ドラマを見ていると、シリーズで出ているものにやはり目がいきます。
で、他のシリーズものを見ていたら、犯人役で出演していたりするんですよね。
なんかこの人、どっかで見たなってなる人もいるしすぐにわかる人もいます。
でも日本人よりも異国の人の方がやっぱり見わけを付けるのが大変です。
女性はとくに髪の毛の色とか直毛とかパーマとかでぜんぜんかわってしまいますからね。
あちらからしたらアジア人はみんな同じみ見えるという現象でしょうね。
まあ、今は若いアイドルとかがぜんぜん見分けがつかなくなっていて苦笑いって感じではありますね。
もともと興味のない系の若い男性アイドルとかさぁ。
年代が違うとはいえ、ぱっとしないようにしか見えません。

喉がガラガラ

アルコールを取りながらタバコを吸うという行為は体にとってものすごくよくないことです。
私はめったにアルコールは飲まないし、タバコも吸いません。
しかし職場の付き合いでの飲み会ではそうもいきません。
アルコールを飲むのは良いけれど、近くでタバコを吸われると本当に迷惑ですよ。
でもタバコを吸わないでとはもちろん言えません。
だからアルコールとともタバコの煙は、確実に私の中に入っているでしょう。
まあ、たった一日のことですからね、社会人としてそれは我慢しますよ。
一応相手も気を付けてくれているような感じもありますからね。
ただ、喉がガラガラになるのは嫌ですね。
一日の休みだけで回復すればいいけれど、次の日の仕事に影響があると困ります。

人それぞれの考えだから

兄嫁さんと私の妹は同い年です。
そして同じ年に兄嫁さんは長男を、妹は二女を生んでいます
それからいろいろあって8年目に待望の長女が生まれたのが今年の春です。
その間に妹の同級生が子供を生んだけれど使っていない靴下があり、めぐりめぐってうちにきました。
私の母が兄嫁さんにその靴下はどうかと持っていったそうです。
そしたら、「まだ早くないですか?」って言われたとご立腹。
確かに大きいサイズだけどしまっておけばいつかは履けるでしょう。
単純に、いらなかったんでしょうね。
母はその言い方が気に入らなかったようです。
まあ、袋に入っているわけでもないし値札がついているわけでもない。
新品と言われても靴下だし嫌だったのかもしれませんね。

疑似体験が最近はやっている

疑似体験が最近はやっていると、先輩薬剤師Lさんに聞きました。
そして一緒に動画を見てあれやこれやと話し面白かったです。
家族団で団らんは応募枠の10倍もの応募があったそうです。
奥さんと小学生の女の子の子供がいるモデルハウス。
いやいやいや。
こんな疑似体験して何が楽しいのかな?
私だったら現実にはない人間なんぞとふれあっちゃったりして、満足したら現実が虚しすぎて死にたくなるよ。
世の中には信じられないのもあって、ブラック企業に入社するという疑似体験、海外では出産の疑似体験。
出産する妻の気持ちを男性にわからせようと体に電流を流す!
子猫ショートステイは1泊2日で1万2000円
気に入ったら実際に飼うことが出来るし、先住猫との相性をみられる利点あり。

「誰も死なないミステリーを君に」

図書館で借りた本のタイトルは「誰も死なないミステリーを君に」
なにやらラノベ臭がただよっています・・・
死を予見できるけれど、それは絶対ではなく防ぐことが出来る。
死線が見える志緒と男子大学生の佐藤が、死なせないために動くというストーリーです。
ただあらすじを読んで借りたけどちょっと内容が意外でした。
いろんな人を助けるのかと思ったら、最初に助けた人は序曲だったというところとか。
キラキラネームとまではいかないけど、今風の名前にうもれて自分が気が付けなかったところとかちょっと悔しいかな。
予想していた一部は早い段階からいろいろ当たっていたので余計に。
あとは人物像が薄いというか映像が見えないというか、まあまあ面白かったです。